クリアランス制度とは

原子力発電所の運転や廃止措置に伴って発生する放射性廃棄物のうち、放射性物質の放射能濃度が低く、人の健康への影響がほとんどないものについて、国の認可・確認を得て、普通の廃棄物として再利用又は処分できる制度を「クリアランス制度」といいます。
この制度は、「原子炉等規制法」という法律によって定められています。
なお、一般の廃棄物と同じように処分や再利用ができるよう定められた放射性物質の濃度を「クリアランスレベル」といいます。

廃棄物の約98%はクリアランスレベル以下

原子力発電所の解体・撤去に伴って発生する廃棄物の中で、クリアランスレベル以下のものは、110万kW(キロワット)級の原子力発電所の場合、クリアランスレベル以下の廃材は沸騰水型炉(BWR)で53万t(コンクリート50万t、金属3万t )、加圧水型炉(PWR)で49万t(コンクリート45万t、金属4万t )と試算されており、大部分をコンクリートが占めます。
一方、放射性廃棄物として処理処分するものは軽水炉で1~2万t前後のため、廃棄物のほとんど(約98%)がクリアランスレベル以下であるといえます。

  • エネログ
  • なるほど!日本のエネルギー
  • 原子力発電のごみって?
  • ひらめき!ピカールくん
  • 使用済燃料貯蔵対策の取り組み
  • 【おすすめ】電事連会長会見
  • 【おすすめ】広報誌・パンフレット
  • 【おすすめ】電事連チャンネル
  • 【おすすめ】海外電力関連情報
  • 【おすすめ】原子力の安全性向上に向けた取り組みについて
  • 【おすすめ】国内の原子力発電所の再稼動に向けた対応状況
  • 【おすすめ】放射線に関する情報
  • 【おすすめ】twitter 電気事業に関する情報を発信

ページトップへ