印刷する

放射線防護の考え方

出典:「原子力・エネルギー」図面集2016 6-3-5

放射線防護においては、しきい値のある確定的影響はそれ以下で、しきい値はないと仮定する確率的影響は容認できる安全なレベル以下で線量を管理することとしています。

閉じる