HOME > 原子力発電について > 放射線とは
文字サイズを変更

放射線とは

「放射線」は目に見えないので、不安を感じている人もいるでしょう。放射線は、宇宙誕生のときから存在し、私たちは日常生活の中で、いろいろなものから放射線を受けて暮らしており、受ける量が少しならば健康への影響はありません。
また、放射線は医療をはじめいろいろなところで役立っています。

原子力発電所では、原子炉の中の核分裂によって放射線や放射性物質が生まれますが、人体や環境への影響が及ばないよう厳重に管理しています。

放射能と放射線

「放射線」は、光の仲間です。放射線を出す能力を「放射能」といい、放射線を出す物質を「放射性物質」といいます。放射線にもさまざまな種類があり、その種類によって性質も異なります。放射線の単位には、放射能を出すほうに注目した単位と、放射線を受けた方に注目した単位の2つに大きく分けられます。
放射能と放射線

日常生活と放射線

私たちは日常生活の中で、絶えず放射線を受けながら暮らしています。その放射線には、自然界からの放射線と、人間がつくった放射線があり、医療をはじめ生物学や建造物の検査などに利用されています。
日常生活と放射線

放射線の人体への影響

人体に与える放射線の影響は、広く研究されています。また、その影響は放射能を受けてすぐ症状が出るものと、数ヶ月から数年後になって症状が出るものがあります。
放射線の人体への影響
放射線Q&A

原子力発電所の放射線管理

原子力発電所では、その特性から放射線が生まれます。原子力発電所周辺の環境を守るだけでなく、発電所で働く人の健康も厳しい基準で守られています。

  • 原子力の安全性向上に向けた取り組みについて(大)
  • 電気事業連合会公式Twitterアカウントのご案内
  • 電力需給について
  • Enelog動画 エネルギーを繋ぐ力
  • Enelog
  • デジタル広報資料集
  • 使用済燃料貯蔵対策の取り組みバナー
  • エネルギーミックスを考える
  • ひらめき!ピカールくん
  • 地層処分ってなんだろう?
  • エネルギー資源獲得の歴史
  • 海外電力関連情報
  • 電気協同研究会
  • NUMO
  • 地層処分ポータル
このページの先頭へ