HOME > 原子力発電について > 放射線とは > 日常生活と放射線
文字サイズを変更

日常生活と放射線

宇宙から、大地から、また食物や大気から、私たちは日常生活の中で、自然界からの放射線を絶えず受けながら暮らしています。そして私たち自身の身体の中にも放射性物質があり、それらからも放射線が出ています。したがって私たち生物は、地球上に誕生して以来、自然界からの放射線を浴びて生き続けてきたわけです。

自然界からの放射線「自然放射線」

自然界からの放射線を「自然放射線」といいます。今、1人が1年間に自然放射線を受けている量は、世界平均で2.4ミリシーベルトといわれています。
自然放射線

人間がつくった放射線「人工放射線」

医療で診断に使われるレントゲン撮影や、CTスキャンなどのX線、また核分裂のエネルギーを取り出す原子力発電所で生まれる放射線は人工放射線といいます。
人工放射線

放射線の利用

放射線や放射能のさまざまな性質がうまく利用されています。
放射線の利用

  • 原子力の安全性向上に向けた取り組みについて(大)
  • 電気事業連合会公式Twitterアカウントのご案内
  • 電力需給について
  • Enelog動画 エネルギーを繋ぐ力
  • Enelog
  • デジタル広報資料集
  • 使用済燃料貯蔵対策の取り組みバナー
  • エネルギーミックスを考える
  • ひらめき!ピカールくん
  • 地層処分ってなんだろう?
  • エネルギー資源獲得の歴史
  • 海外電力関連情報
  • 電気事業低炭素社会協議会
  • 電気協同研究会
  • NUMO
  • 地層処分セミナー
  • 地層処分ポータル
このページの先頭へ