高経年化対策

高経年化対策とは、安全第一を目的として発電所の使用期間に関係なく一定の安全水準を確保するため、性能の低下などの特徴を把握し、これらに対応した保守管理を行うことです。

原子力発電所も何もしなければ老朽化していきますが、必要に応じて最新の技術が導入された設備や機器に取り替えることによって、発電所全体として必要な機能や性能を維持していくことが可能になります。これらの対策を「高経年化対策」とよんでいます。

「高経年化対策」の対象となるのは、運転開始から30年を経過する原子力発電所です。原子力発電所の設備には高温や高圧の場所があります。このような環境で長い期間使用していると、配管の内部が減ったり、ひび割れが生じたり、絶縁体が痛んだりする等の劣化が起こります。このため経年劣化の状況をきちんと捉え取替えなどの対策を行っています。

また、その後10年が経過するたびに、高経年化対策上着目すべき事象についてどの様にあるかチェックした結果を取りまとめ、安全確保に努めています。

関連リンク

  • エネログ
  • なるほど!日本のエネルギー
  • 原子力発電のごみって?
  • ひらめき!ピカールくん
  • 使用済燃料貯蔵対策の取り組み
  • 【おすすめ】電事連会長会見
  • 【おすすめ】広報誌・パンフレット
  • 【おすすめ】電事連チャンネル
  • 【おすすめ】海外電力関連情報
  • 【おすすめ】原子力の安全性向上に向けた取り組みについて
  • 【おすすめ】国内の原子力発電所の再稼動に向けた対応状況
  • 【おすすめ】放射線に関する情報
  • 【おすすめ】twitter 電気事業に関する情報を発信

ページトップへ