浜岡原子力発電所1号機事故

2001(平成13)年11月7日、静岡県浜岡町にある中部電力(株)浜岡原子力発電所1号機で、余熱除去系蒸気凝縮系配管内で生じた水素の燃焼にともなう急激な圧力上昇によって配管が破断する事故が発生しました。この事故による放射性物質の外部への漏えいはありませんでした。国際原子力事象評価尺度(INES)ではレベル1とされました。

  • エネログ
  • なるほど!日本のエネルギー
  • 原子力発電のごみって?
  • ひらめき!ピカールくん
  • 使用済燃料貯蔵対策の取り組み
  • 【おすすめ】電事連会長会見
  • 【おすすめ】広報誌・パンフレット
  • 【おすすめ】電事連チャンネル
  • 【おすすめ】海外電力関連情報
  • 【おすすめ】原子力の安全性向上に向けた取り組みについて
  • 【おすすめ】国内の原子力発電所の再稼動に向けた対応状況
  • 【おすすめ】放射線に関する情報
  • 【おすすめ】twitter 電気事業に関する情報を発信

ページトップへ