印刷する

非常用炉心冷却装置等の例(PWR)

出典:「原子力・エネルギー」図面集2016 5-2-4

原子力発電所では、配管の破断等により冷却機能が喪失する事故を想定し、これに備えるための非常用炉心冷却装置(ECCS)や格納容器スプレー装置が多重に設けられています。万一このような事故が発生した場合には、ECCSが大量の水を炉心に注入する他、格納容器スプレー装置により格納容器内の冷却を行います。

閉じる