HOME > 原子力発電について > 原子力発電の現状
文字サイズを変更

原子力発電の現状

原子力発電は、資源の少ないわが国において電気の安定供給に大きく貢献しているほか、発電コストの安さや発電に伴うCO2の排出がないといった特性を持っています。

原子力発電の特徴

原子力発電は、電気の安定供給、化石燃料資源の節約に大きく貢献しているほか、CO2を排出しない発電方式として、温暖化対策に大きな役割を果たしています。
原子力発電の特徴

基幹電源としての原子力発電

1966年に、日本で初めての商業用原子力発電所が運転を開始して以降、日本の電気を支える重要なベースロード電源として重要な位置を占めています。
発電設備と発電電力量

情報公開の促進

原子力の安全に関わる情報を中心に、分かりやすい情報発信を心がけながら情報公開の促進に取り組んでいます。
情報公開の促進

関連リンク

  • 原子力の安全性向上に向けた取り組みについて(大)
  • 電気事業連合会公式Twitterアカウントのご案内
  • 電力需給について
  • Enelog動画 エネルギーを繋ぐ力
  • Enelog
  • デジタル広報資料集
  • 使用済燃料貯蔵対策の取り組みバナー
  • エネルギーミックスを考える
  • ひらめき!ピカールくん
  • 地層処分ってなんだろう?
  • エネルギー資源獲得の歴史
  • 海外電力関連情報
  • 電気事業低炭素社会協議会
  • 電気協同研究会
  • NUMO
  • 地層処分セミナー
  • 地層処分ポータル
このページの先頭へ