図:原子燃料サイクル

原子力発電の特徴の一つは、一度使った燃料の中に新たに生まれたプルトニウムや燃え残りのウランが含まれており、これを回収して再び燃料として使えることです。