電気事業連合会

新規制基準への適合審査

新規制基準の適合審査

新規制基準への適合審査は、原子炉の基本設計や方針などを審査する「原子炉施設設置変更許可」、原子炉の詳細設計を審査する「工事計画認可」、そして、運転管理について審査する「保安規定(変更)認可」があり、事業者からの申請後、段階的に原子力規制委員会が審査を実施します。

運転期間延長認可に係る制度

なお、運転開始から40年を経過する原子力発電所に関して、運転することができる期間満了までに認可を受けた場合には、1回に限り、上限20年の延長を認める制度があります。この制度では、延長期間の運転にともなう劣化を考慮した上で、定められた技術基準に適合し、延長期間中維持することを求めており、原子力規制委員会によって適合性が判断されます。

ページの先頭へ