海外電力関連 トピックス情報

[ドイツ] 電気料金の上昇で、料金不払いによる供給停止件数が増加

2015年12月3日

ドイツ主要誌は2015年11月15日、電気料金の上昇により料金を支払えなくなる家庭が増加していると報じた。
2014年に電力の供給を停止された家庭は35万軒超に上り、過去最高となった(2013年:34万5,000軒、2012年:32万軒)。
また、小売事業者が料金未納の需要家に対して供給停止の警告を行った回数は630万回であった。
料金上昇の要因の一つは再生可能エネルギー賦課金の増加であるが、ドイツでは電力を大量に消費する産業用需要家は賦課金を減免されており、家庭用需要家の負担がその分重くなっている。
緑の党は供給停止の警告を受けた需要家に対して、相談等の支援サービスを提供するよう訴えている。

公式Twitterアカウントのご案内

海外電力関連 トピックス情報は、以下の電気事業連合会オフィシャルTwitterアカウントにて更新情報をお知らせしております。ぜひ、ご覧いただくとともにフォローをお願いいたします。

ページトップへ