いつまでも輝くためにネガティブなお荷物は要らない。

忙しい日々が続くと外食が多くなっちゃうし、睡眠不足と運動不足で心も身体もずっしり重く感じることってあるでしょ。ヨガやジョギングで軽く汗を流して食事もちょっとだけ糖質や油分を減らすことで、身体が軽くなった気がするのは、私だけ?海沿いのリゾートホテルでくつろげば、心だってリフレッシュできる。

でも、私を元気にしてくれるこの海も空も、温暖化の危機に直面している。CO₂の「ダイエット」に本気で取り組まないと、私たちの楽園が失われてしまうかもしれない。ストレスとカロリーを蓄積しない生活を心がけるように、CO₂をなるべく出さない発電方法を組み合わせた発電システムに、しっかりとシフトチェンジしていくことが大切。

CO₂削減

本気で減らさなきゃ!脂肪とCO₂

地球温暖化防止のためには、発電時のCO₂を減らす工夫が重要です。

太陽光発電や風力発電などの再生可能エネルギーや原子力発電は、
発電時にほとんどCO2を出しません。これらは地球温暖化防止に有効な発電方法です。

電源別ライフサイクルCO₂の比較 g-CO₂/kWh(送電端) 出典:電力中央研究所報告書をもとに作成
  • エネメッセージ もっと輝くために。Vol.1
  • エネメッセージ もっと輝くために。Vol.2
  • エネメッセージ もっと輝くために。Vol.3

エネメッセージTOPページへ