HOME > 電気事業について > 電力事情について > 主要国の電力事情
文字サイズを変更

主要国の電力事情

日本や欧州の発電電力は、この10年、大きな伸びを見せていないのに対して、中国、インド、ブラジルの伸びが目立っています。ことに中国の勢いが目立っています。電気をつくる電源の構成は、各国のエネルギー事情を写しだしています。

主要国の電力事情

各国の電力消費量も着実に増えており、1990年以降の電力消費量は日本やアメリカで約1.3倍、主要西欧諸国でも1.1〜1.3倍程度の伸びとなっています。とくに2000年代に入っても7〜9%の経済成長を遂げている中国では、電力消費量はここ15年間で約4倍と爆発的な伸びを見せています。

各国の1人あたりの電力消費量を見ると、水力が豊富で電気料金が安価で安定しているカナダは、1人あたりの電力消費量もずば抜けて多く、アメリカの約1.2倍、日本の約2倍の消費量となっています。

各国の事情を反映した電源構成

今日、電気をつくるエネルギー資源をどうやって確保し、電気の需要に応えていくかは、世界中の国々にとって重要な問題となっています。発電の方法には、火力(石炭、石油、天然ガス)、水力、原子力発電等がありますが、それぞれの国がどの発電方法を優先するかは、エネルギー資源の有無、自然条件、エネルギー政策などにより異なります。

湖水と河川に恵まれ豊かな水資源を誇るカナダでは、発電電力量のうち、水力発電の占める割合が約6割となっています。古くから石炭の生産量の多いアメリカでは石炭火力による発電が約4割近くを占めています。原子力発電の割合が多いのはフランスであり、現在では発電量に占める原子力の割合が約8割に達しています。

主要国のエネルギー輸入依存度

自国にエネルギー資源を持たない国は必然的に、エネルギー資源を海外からの輸入に頼ることになります。イタリア、フランス、日本などは、エネルギー資源をほとんど持っていないため、海外への輸入依存度が高くなっています。

日本においては、全エネルギーの9割以上を輸入に頼っています。


一方、石油資源をもち、かつ豊富な水力資源をもつカナダは、エネルギー輸出国になっています。

  • Enelog動画 エネルギーを繋ぐ力(大)
  • 電気事業連合会公式Twitterアカウントのご案内
  • 電力需給について
  • 【Enelog特別号】原子燃料サイクルって何?石川和男さんが疑問にお答えします
  • デジタル広報資料集
  • 原子力の安全性向上に向けた取り組みについて
  • エネルギーミックスを考える
  • ひらめき!ピカールくん
  • 地層処分ってなんだろう?
  • エネルギー資源獲得の歴史
  • 海外電力関連情報
  • 電気事業低炭素社会協議会
  • 電気協同研究会
  • NUMO
  • 地層処分セミナー
  • 地層処分ポータル
このページの先頭へ