海外電力関連 トピックス情報

マレーシアが原発建設の検討を続行

2012年1月20日

マレーシアのエネルギー・環境技術・水道省は2011年12月23日、国会での質疑応答で原子力発電所建設について、検討を続行していることを明らかにした。

同省によると、発電燃料として天然ガスと石炭に過度に依存することを避け、さらには二酸化炭素(CO2)排出量削減のために原発導入の可能性を調査しているという。

同国政府は、当初、2021年に原発を導入する予定であったが、福島第1原子力発電所の事故を受け、計画を白紙に戻した。

公式Twitterアカウントのご案内

海外電力関連 トピックス情報は、以下の電気事業連合会オフィシャルTwitterアカウントにて更新情報をお知らせしております。ぜひ、ご覧いただくとともにフォローをお願いいたします。

ページトップへ