海外電力関連 トピックス情報

米国の電力供給信頼度は過去10年間で低下傾向

2012年1月25日

ローレンス・バークレイ国立研究所は2012年1月、過去10年間の米国の電力供給信頼度に関する分析結果を発表した。

同調査は米国の155の電力会社(全米の販売電力量の約50%を占める)の供給支障などのデータを収集、過去10年間の供給信頼度のトレンドを分析したもの。

その結果、過去10年間で年間約2%の割合で電力供給支障の期間と頻度が増加しており、長期的に信頼度が低下傾向にあることが示されている。

調査は米国エネルギー省(DOE)の資金援助を受けて実施された。

公式Twitterアカウントのご案内

海外電力関連 トピックス情報は、以下の電気事業連合会オフィシャルTwitterアカウントにて更新情報をお知らせしております。ぜひ、ご覧いただくとともにフォローをお願いいたします。

ページトップへ