海外電力関連 トピックス情報

米国の2011年の風力導入量は前年比31%増

2012年2月8日

1月30日の報道によると、2011年の米国の風力発電導入量は681万kWとなり、前年の導入量(521万kW)から31%増加した。前年度の導入量は上回ったものの、過去最大の導入量となった2009年(1001万kW)と比べると7割程度にとどまっている。米国風力発電協会(AWEA)によると、現在のところ建設中の風力発電が830万kW以上あり、2012年も導入量は伸びそうであるが、風力発電に対する優遇税制は2012年末までに運転開始した設備が対象となっており、この優遇税制の期間延長が行われなければ導入量は2013年以降減少する可能性もある。

公式Twitterアカウントのご案内

海外電力関連 トピックス情報は、以下の電気事業連合会オフィシャルTwitterアカウントにて更新情報をお知らせしております。ぜひ、ご覧いただくとともにフォローをお願いいたします。

ページトップへ