海外電力関連 トピックス情報

米国カリフォルニア州内の電力の5%が風力発電

2012年2月13日

カリフォルニア州風力発電協会は1月30日、風力発電によって供給される電力が州内の電力の5%を占めたと発表した。その理由として、2011年に州内に92万1000kWの風力発電設備が導入され、州内の全風力発電容量が392万7000kWとなったためと説明している。同協会の役員は「州の目標である2020年までに再生可能エネルギー33%達成に近づいた。2012年も成長が続くだろう。しかし、この勢いを継続するためには、発電税額控除制度の延長が必要」と述べている。

公式Twitterアカウントのご案内

海外電力関連 トピックス情報は、以下の電気事業連合会オフィシャルTwitterアカウントにて更新情報をお知らせしております。ぜひ、ご覧いただくとともにフォローをお願いいたします。

ページトップへ