海外電力関連 トピックス情報

スペインの原子力安全委員会、ガローニャ原発の寿命延長に同意

2012年2月29日

2月20日の報道によると、スペインの原子力安全委員会(CSN)は、同国のガローニャ原子力発電所(出力44万6000kW)が2013年の運転期限を超えて運転することについて、原子力安全、放射線防護上からの障害はないとする報告書を政府に提出した。同原発の運転期間更新時期であった2009年、少なくとも2019年までは安全に運転できるとCSNが判断していたが、当時の社会労働党政権は2013年までの延長と決めた。しかし、最近選ばれた国民党政権は今年1月に、2013年の閉鎖命令を取り消し、CSNに検討を要請していた。同発電所を所有するNuclenorは、改めて2019年までの運転申請を提出する見通し。

公式Twitterアカウントのご案内

海外電力関連 トピックス情報は、以下の電気事業連合会オフィシャルTwitterアカウントにて更新情報をお知らせしております。ぜひ、ご覧いただくとともにフォローをお願いいたします。

ページトップへ