海外電力関連 トピックス情報

英国政府がEUの2030年の再生可能エネルギー目標を拒否

2012年3月22日

英国政府は3月12日、2050年の低炭素化目標を達成するために中立的に技術を評価するべきだとして、欧州連合(EU)が掲げる2030年の再生可能エネルギー目標を支持しないと表明した。政府発表では、複数の低炭素技術(再生可能エネルギー、原子力発電、排出されるCO2を地層に貯蔵するCCS技術など)を競わせ、資本コストを下げることが必要であるとし、欧州委員会が2050年エネルギーロードマップで示した特定技術による目標設定は市場を歪め、低炭素技術への投資を更に困難にする可能性があると指摘した。英国政府は、新たな目標は技術に対して中立でなければならず、加盟国が自由に最も費用対効果の高いエネルギーミックスを決定できるようにするべきだとしている。

公式Twitterアカウントのご案内

海外電力関連 トピックス情報は、以下の電気事業連合会オフィシャルTwitterアカウントにて更新情報をお知らせしております。ぜひ、ご覧いただくとともにフォローをお願いいたします。

ページトップへ