海外電力関連 トピックス情報

米カリフォルニア州知事、原子力発電所の新設を排除せず

2012年4月3日

環境派として長い間知られてきた米国カリフォルニア州のジェリー・ブラウン知事は3月23日、同州における原子力発電所新設の計画は現在ないが、もし彼の机の上にそれ(原発新設の提案)が置かれたら検討をするかもしれない、と語った。「原子力発電は人々の真剣な検討を要する容易ならざる技術であるが、温暖化ガス対策にとって有益である」とも付け加えた。同氏は、最初の知事時代の1970年代から1980年代には、原発の有名な反対者であったが、2回目の知事になりその見方を変えた、と述べた。

ページトップへ