海外電力関連 トピックス情報

インドネシア政府が2016年に原発建設が着工可能との見解示す

2012年5月15日

インドネシア政府は4月23日、2016年に原子力発電所建設が可能との見解を表明した。それによると、建設候補地として北スラウェシ州のバンカ島や東カリマンタン州、中部カリマンタン州などがあり、そのうちバンカ島住民の約半数が原発建設に同意しており、サイト調査を考慮して、早ければ2016年に建設が可能になるという。政府は、原発建設をスムーズに行うため、住民の過半数の賛同を得る方針を示している。

 

公式Twitterアカウントのご案内

海外電力関連 トピックス情報は、以下の電気事業連合会オフィシャルTwitterアカウントにて更新情報をお知らせしております。ぜひ、ご覧いただくとともにフォローをお願いいたします。

ページトップへ