海外電力関連 トピックス情報

サウジアラビアが韓国に太陽光発電事業の協力を要請

2012年6月19日

韓国の外交通商部(MOFAT)は2012年6月4日、サウジアラビア政府から太陽光発電事業の協力要請があったと発表した。それによると、サウジアラビアは126兆ウォン(約9兆500億円)を投資して2032年までに電力需要の30~40%を太陽光発電で賄うことを計画しており、韓国に対して王立研究機関や大学などへの技術協力を求めている。MOFATは、早急に使節団をサウジアラビアに派遣し、具体的な協力内容や韓国企業の参入、定期的な韓国・サウジ共同委員会の開催について協議することにしている。

ページトップへ