海外電力関連 トピックス情報

韓国で今年も計画停電実施の可能性が高まる

2012年7月23日

大手経済紙は2012年7月2日、政府や韓国電力公社(KEPCO)は「8月には一時的に供給予備力が147万kW(予備率2.2%)に低下するが、大規模な電力不足にはならない」としているが、この想定には大型発電所の事故停止がカウントされていないと報じた。8月には大型発電所(出力80万kW×2基)が停止すると、昨年9月と同様に輪番停電を実施せざるを得ない状態にある。昨年の9月15日に、30分間隔の輪番停電が5時間にわたって実施された。記事では「今夏を停電なしで乗り切るには、国民の節電意識をさらに高める必要がある」と結んでいる。

ページトップへ