海外電力関連 トピックス情報

猛暑続く韓国、大手経済紙が現行の電力需要予測を批判

2012年8月31日

韓国の大手経済紙は2012年8月10日、電力取引所(KPX)の電力需要の予測モデルが10年以上前に作成されたもので、信頼性に欠けると報じた。それによると、現在使用されている予測モデルは、2001年にKPXとソウル大学が共同開発したもので、主に気温と経済成長率を基に電力需要を予測しており、気温については最高気温を34度に設定しているとされる。電気料金の値上げが認可されないため、電力需要が想定以上に増えることを考慮していない点も指摘している。事実、今年は7月下旬以降、気温が35度以上の猛暑が11日間連続し、気温設定に大きな誤差が生じているほか、最大電力も当初予測の7384万kWを上回り、8月6日には7429万kWを記録した。記事は「発電所の建設には4~5年を要するため、様々なシナリオを取り込んだ予測モデルを早急に作成し、実態に合った電力需要を予測することが必要である」と結んでいる。

ページトップへ