海外電力関連 トピックス情報

中国で最大となる太陽光発電所計画が認可される

2012年9月19日

2012年8月28日、GCL-Polyエネルギー・ホールディングは、山西省大同市で大型太陽光発電計画の開発認可を受けたと発表した。同プロジェクトは、山西省大同地区で31万kWの地上太陽光発電所と総量3万kWの屋上太陽光発電設備を建設するもので、完成すると中国最大の太陽光発電所となる。大同は電力消費の中心地である北京、天津、唐山に近く、送電コストが低く、耕作不適地(塩化地)など未利用土地の豊富な地区である。

公式Twitterアカウントのご案内

海外電力関連 トピックス情報は、以下の電気事業連合会オフィシャルTwitterアカウントにて更新情報をお知らせしております。ぜひ、ご覧いただくとともにフォローをお願いいたします。

ページトップへ