海外電力関連 トピックス情報

仏アレバ、日本国内のPWRの水素爆発防止策を受注

2012年11月7日

フランスの原子力大手、アレバは2012年10月18日、日本国内の加圧水型原子炉(PWR)のある原子力発電所に設置する静的触媒式水素再結合装置(PAR)を受注したと発表した。PARは電源を必要としない水素再結合装置であり、アレバはこの装置を設置済みまたは設置予定の原子力プラントは世界で140基に達しており、現在でもアジアやヨーロッパ各国からの発注が増えているとしている。

ページトップへ