海外電力関連 トピックス情報

米国の業界紙、送配電コスト増の電気料金への影響を指摘

2013年1月17日

業界紙は2013年1月2日、低廉な天然ガス価格と電力需要の伸びの鈍化を受け、発電コストが低下する傾向にある一方で、送配電コストの上昇が電気料金低廉化の足かせになっている現状を紹介した。2011年に電気料金に占める送配電コストの割合が発電コストと逆転したニューヨーク市の事例を取り上げ、近年の送配電コスト上昇の原因について、1900年代後半の需要成長期に送配電投資が抑制されたことで、設備の老朽化が進み、電気事業者がその対応に迫られているためと分析している。

ページトップへ