海外電力関連 トピックス情報

ドイツ、エネルギー転換コストは2030年代末までに1兆ユーロ

2013年3月8日

ドイツ一般紙の2013年2月19日付報道によると、アルトマイヤー連邦環境相はインタビューの中で、同国のエネルギー転換コストは2030年代末までに1兆ユーロ(約120兆円)に達する可能性があると言及した。主な要因として、再生可能エネルギー電源導入拡大に向けた助成金の増加を挙げている。同相は固定価格買取制度に基づいて電力会社などに支払われた助成額はすでに3000億ユーロ(約36兆円)を超えており、2022年には6800億ユーロ(約81兆6000億円)に達する見通し。さらに送電網の拡充や予備電源の確保、電気自動車や省エネルギーなどの研究開発などの費用が加わると、3000億ユーロ(約36兆円)が追加されるとの見解を示している。

ページトップへ