海外電力関連 トピックス情報

米国、2012年の太陽光発電導入量は前年比76%増加

2013年4月8日

太陽エネルギー産業協会(SEIA)は2013年3月14日、2012年の米国内における太陽光発電の導入量が331万3000kWを記録し、過去最大の導入量になったと発表した。前年導入量(188万7000kW)と比べると76%増となり、2012年末現在の累計導入量は722万1000kWに達した。2012年の導入量を州別に見ると、カリフォルニア州が103万3000kWを記録、州別で初めて年間導入量が100万kWを超え、続いてアリゾナ州(71万kW)とニュージャージー州(41万5000kW)。2012年の太陽光発電システム価格については、前年比で平均27%低下したという。

公式Twitterアカウントのご案内

海外電力関連 トピックス情報は、以下の電気事業連合会オフィシャルTwitterアカウントにて更新情報をお知らせしております。ぜひ、ご覧いただくとともにフォローをお願いいたします。

ページトップへ