海外電力関連 トピックス情報

ドイツ、独立系エネルギー販売会社FlexStromが経営破綻

2013年4月24日

ドイツ最大である約50万軒の需要家を抱える独立系エネルギー販売会社FlexStromは2013年4月12日、破産申請したと発表した。経営破綻理由について、同社は資金繰りの悪化によるもので、顧客に対して電気料金の前払いを求めていたが、2012年11月に同社の経営破綻観測が浮上して以降、思うように支払いを得られなかった、と説明しているものの、割安な電気料金によるビジネスモデルに破綻原因があると指摘する声もある。同社の子会社であるFlexgasはAKOCapitalにより事業が継続される見込み。ドイツでの独立系エネルギー販売会社の経営破綻はFlexStromと同様に格安料金戦略を進めていたTeldafaxに続いて2件目。

公式Twitterアカウントのご案内

海外電力関連 トピックス情報は、以下の電気事業連合会オフィシャルTwitterアカウントにて更新情報をお知らせしております。ぜひ、ご覧いただくとともにフォローをお願いいたします。

ページトップへ