海外電力関連 トピックス情報

フランス、高レベル放射性廃棄物最終処分場建設のための公開討論会がスタート

2013年5月28日

フランスの独立行政機関である国家公開討論委員会(CNDP)は2013年5月15日、高レベル放射性廃棄物の最終処分場建設に関する公開討論を開始し、専用のホームページを開設した。公開討論の期間である10月15日までの間、開設したホームページ上で、国内各地で行う討論会の状況を公開するとともに、一般からのコメントを受け付ける。国営の放射性廃棄物管理会社、アンドラはビュール市の研究施設付近のムース県とオートマルヌ県にまたがる地域に最終処分場の建設を予定しており、2019年に建設を開始、2025年の操業開始を目指している。

公式Twitterアカウントのご案内

海外電力関連 トピックス情報は、以下の電気事業連合会オフィシャルTwitterアカウントにて更新情報をお知らせしております。ぜひ、ご覧いただくとともにフォローをお願いいたします。

ページトップへ