海外電力関連 トピックス情報

UAE、国内2基目の原子炉建設工事が着工

2013年6月4日

アラブ首長国連邦(UAE)の原子力公社(ENEC)は2013年5月28日、国内2基目となる原子炉の建設工事に着手し、2018年の商業運転開始を目指していると発表した。この工事は、2009年に韓国電力公社(KEPCO)を主体とする企業連合がUAEから受注、1基目は2012年半ばに着工され、最終的には4基が建設される。UAEとサウジアラビアでは、急増するエネルギー需要に対して十分なガスが供給されていないことから、エネルギーの多様化を図るものとして原子力発電所に注目が集まっている。原発建設を請け負う海外企業にとって、湾岸諸国での原発建設工事受注が業績のカギを握るとして、重要なビジネスととらえる見方が強い。

公式Twitterアカウントのご案内

海外電力関連 トピックス情報は、以下の電気事業連合会オフィシャルTwitterアカウントにて更新情報をお知らせしております。ぜひ、ご覧いただくとともにフォローをお願いいたします。

ページトップへ