海外電力関連 トピックス情報

インド、ドイツの支援で電力系統増強を計画

2013年6月5日

2013年5月26日付地元紙の報道によると、インド政府は再生可能エネルギーの導入拡大に向け、4300億ルピー(約7740億円)を投資する電力系統の設備増強を計画している。同計画は「グリーンエネルギー回廊地帯プロジェクト」と名づけられ、ドイツによる技術支援および6年間で10億ユーロ(約1310億円)の開発途上国向け優遇条件による融資で実施される。2013年4月にインドのシン首相がドイツを訪問した際、両国の担当大臣がプロジェクトに関する共同宣言に署名した。インドでは、第12次五カ年計画の終了する2017年3月までに、再エネ(風力・太陽光)3000万kW分を電力系統に接続する計画があるが、周波数が安定しないこと、州をまたぐ送電線整備が遅れていることなどが課題になっている。

公式Twitterアカウントのご案内

海外電力関連 トピックス情報は、以下の電気事業連合会オフィシャルTwitterアカウントにて更新情報をお知らせしております。ぜひ、ご覧いただくとともにフォローをお願いいたします。

ページトップへ