海外電力関連 トピックス情報

IEA、世界の2012年CO2排出量は過去最高の316億トンと発表

2013年6月21日

国際エネルギー機関は2013年6月10日、エネルギー生産における世界のCO2排出量は2011年比1.4%増の316億トンになったと発表した。米国ではシェールガス革命により石炭からガスへの燃料転換の影響で2011年に比べて2億トン減少。中国は3億トン増加したものの、再生可能エネルギー利用やエネルギー効率の上昇によって、増加幅は過去10年間で最も低い水準だった。欧州では、一部の国で石炭使用量が増えたが2011年比で5000万トン減少。日本では福島事故の影響で火力発電の比率が増えたため、2011年に比べて7000万トン増加した。

公式Twitterアカウントのご案内

海外電力関連 トピックス情報は、以下の電気事業連合会オフィシャルTwitterアカウントにて更新情報をお知らせしております。ぜひ、ご覧いただくとともにフォローをお願いいたします。

ページトップへ