海外電力関連 トピックス情報

ウクライナ、大統領がロシア製以外の原子炉建設に言及

2013年6月24日

ヤヌコヴィッチ大統領は2013年6月6日、議会への年次教書において、原子力分野における新たな方針を打ち出した。ウクライナの原子力分野のロシアによる独占を避けるため、ロシア製以外の原子炉を新規に建設する意向である。年次教書の作成に参画した専門家によれば、ウクライナは、中国やインドと同様に異なったメーカーの原子炉開発を同時に進める路線を取ろうとしているという。原子燃料の調達先の多様化は決定済みであるが、長期展望から見た原子力の自立は、米国あるいは韓国の技術に基づく原子炉の建設により達成可能になるという。

公式Twitterアカウントのご案内

海外電力関連 トピックス情報は、以下の電気事業連合会オフィシャルTwitterアカウントにて更新情報をお知らせしております。ぜひ、ご覧いただくとともにフォローをお願いいたします。

ページトップへ