海外電力関連 トピックス情報

米国、ロールス・ロイス社が小型原子炉開発チームに参加

2013年8月19日

2013年8月1日付の報道によれば、小型原子炉を開発しているNuScale社とFluor社のチームにロールス・ロイス社が加わり、エネルギー省(DOE)が募集している支援策の獲得を目指す。DOEの小型原子炉支援策は、2025年までの実用化を目指し、DOEが2億2600万ドル(約200億円)を上限に小型炉の許認可取得費用の半分を負担する制度。現在募集されているのは2回目の募集で、1回目の募集については2012年11月にテネシー渓谷開発公社(TVA)とバブコック&ウィルコックス社のチームが支援策を獲得している。

公式Twitterアカウントのご案内

海外電力関連 トピックス情報は、以下の電気事業連合会オフィシャルTwitterアカウントにて更新情報をお知らせしております。ぜひ、ご覧いただくとともにフォローをお願いいたします。

ページトップへ