海外電力関連 トピックス情報

欧州、ドイツの大手エネルギー会社2社が欧州で大量の発電所閉鎖計画を発表

2013年8月27日

ドイツの大手エネルギー会社、E.ONは2013年8月13日、2012年から2015年にかけて欧州域内で閉鎖される同社の発電所は出力合計で1100万kW(うち、647万kWは閉鎖済み)に上ると発表した。翌日の14日には同じくドイツ大手のRWE社がドイツとオランダで310万kWに及ぶ発電所を3年以内に閉鎖する計画を公表した。閉鎖対象となる発電所の大半は火力発電所。両社がこうした見通しを明らかにした背景には、再生可能エネルギーが大量に導入されたことによる卸電力価格の低迷がある。RWE社によれば、発電事業で利益を確保するためには卸電力価格が5.5~6ユーロセント(約7.3~7.9円)/kWhの水準で推移することが必要とされるが、2013年8月20日現在ではドイツ、オーストリア、フランスの卸電力価格は平均約4ユーロセント(約5.3円)/kWh。こうした現状を踏まえて、両社はともに今回の計画を超える発電所の閉鎖も検討中。E.ON社のタイセン社長は「欧州の中核となる電力市場でその枠組みが変わらなければ、さらなる発電所の閉鎖は不可避となるだろう」と語っている。

公式Twitterアカウントのご案内

海外電力関連 トピックス情報は、以下の電気事業連合会オフィシャルTwitterアカウントにて更新情報をお知らせしております。ぜひ、ご覧いただくとともにフォローをお願いいたします。

ページトップへ