海外電力関連 トピックス情報

中国、2020年には運転中の原発が6000万kW分に

2013年9月11日

2013年9月2日に開幕した「2013年中国国際原発設備展示会および原子力発電の持続可能な発展に関するフォーラム」において、国家核電技術公司の関係者は「国の計画では、2030年に原子炉200基が稼動するとされる。そのためには、2015年までに年間4~6基、2016~2020年には年間6~8基、2020年以降は年間10基が運転開始する必要がある」と発言した。中国工程院アカデミー委員の葉氏は「原発開発は加速され、2020年には運転中の設備容量は約6000万kWと、現在の1500万kWの4倍になる」という見通しを示した。

公式Twitterアカウントのご案内

海外電力関連 トピックス情報は、以下の電気事業連合会オフィシャルTwitterアカウントにて更新情報をお知らせしております。ぜひ、ご覧いただくとともにフォローをお願いいたします。

ページトップへ