海外電力関連 トピックス情報

インドネシア、電力需要拡大で米国からLNGを輸入へ

2013年12月24日

インドネシア国営石油会社(PERTAMINA)は2013年12月7日、2018年から年間80万トンの液化天然ガス(LNG)を20年間輸入する契約を米国のCheniere Energy Inc.(CEI)と締結したと発表した。契約内容によると、CEIが米テキサス州に所有するLNGターミナルからスマトラ島北部のLNG受け入れ基地に輸送する。インドネシアはこれまでLNG輸出国であったが、天然ガス埋蔵量の減少に加え、電力部門を中心に国内需要が拡大しているため、米国から輸入することになったもの。

公式Twitterアカウントのご案内

海外電力関連 トピックス情報は、以下の電気事業連合会オフィシャルTwitterアカウントにて更新情報をお知らせしております。ぜひ、ご覧いただくとともにフォローをお願いいたします。

ページトップへ