海外電力関連 トピックス情報

米国、物理学会が「原発の80年運転に技術的な障害なし」との見解公表

2013年12月24日

2013年12月12日付の機関紙によると、米国物理学会は「原子力発電所を80年間まで運転継続することに技術的な障害はない」とするレポートを発表した。米国では運転ライセンスの延長により60年間までの運転が許可されているが、60年を超える運転期間延長については、現在、政府や産業界で調査研究が行われている。今回のレポートでは「米国原子炉の運転期間を60年で制限し、2030年以降に順次廃炉となれば、米国は電力不足に陥る」と予測するとともに、「再生可能エネルギーがベース電源になる準備ができていない時には、原子力はクリーンなエネルギー源となる」とも指摘している。

公式Twitterアカウントのご案内

海外電力関連 トピックス情報は、以下の電気事業連合会オフィシャルTwitterアカウントにて更新情報をお知らせしております。ぜひ、ご覧いただくとともにフォローをお願いいたします。

ページトップへ