海外電力関連 トピックス情報

米国、将来の原子力従事者不足に懸念

2014年1月14日

2013年12月19日付の報道によれば、将来の米国の原子力従事者の不足が懸念されている。元ニュージャージー州知事のウィットマン氏によれば、米国で建設中あるいは計画中のプラントがある一方で、今後5年の間に現在の原子力従事者のおよそ50%が退職年齢に達する。米国では海軍で原子力潜水艦に関わった技術者が原子力産業へ転職する流れがあるが、今後の大規模な技術者不足の根本的な解決にはならないとしている。米国では1970年代に原子力発電所の新規建設が途絶えており、これが新たな原子力従事者の確保を妨げた要因とし、急激に原発建設をやめると、将来的に原子力技術の維持や従事者の確保に困難が生じると指摘している。

公式Twitterアカウントのご案内

海外電力関連 トピックス情報は、以下の電気事業連合会オフィシャルTwitterアカウントにて更新情報をお知らせしております。ぜひ、ご覧いただくとともにフォローをお願いいたします。

ページトップへ