海外電力関連 トピックス情報

IAEA、今後5年で4カ国以上が初の原発建設に着手と予想

2014年2月26日

国際原子力機関(IAEA)高官は2014年2月13日、今後の5年間に世界で4カ国以上が初めての原子力発電所建設を開始するであろう、と語った。同氏は、ここ2年間でアラブ首長国連邦とベラルーシで初めて原発建設が始まっていることと、バングラデシュ、ヨルダン、トルコ、ポーランドの計画について触れた。IAEAは2013年、福島事故により原子力発電の長期見通しを3年連続で下方修正した。しかし、アジアでの拡大により、設備容量は2030年までに依然としてほぼ2倍に拡大すると予想している。同氏によると、ベネズエラのように福島事故後に断念した国もあるが、30カ国以上が原子力に関心を示しているという。

公式Twitterアカウントのご案内

海外電力関連 トピックス情報は、以下の電気事業連合会オフィシャルTwitterアカウントにて更新情報をお知らせしております。ぜひ、ご覧いただくとともにフォローをお願いいたします。

ページトップへ