海外電力関連 トピックス情報

中国、2035年の国内エネルギー需要は全世界の24%に達すると予測

2014年2月26日

中国社会科学院の世界経済・政治研究所は2014年2月18日、「世界エネルギー中国展望(2013~2014)」を公表した。報告書では、中国のエネルギー需要は2035年に世界全体のエネルギー需要の24%、需要増加量は世界全体の増加量の38.5%を占めると予測している。2015年のエネルギー対外依存度は10.6%で、石油と天然ガスはそれぞれ60%、35.5%とされる。2011~2035年のエネルギー需要の年間平均増加率は年2.23%、エネルギー生産の増加率は年平均1.97%と、海外依存の状況を変えるのは容易ではないと指摘している。

公式Twitterアカウントのご案内

海外電力関連 トピックス情報は、以下の電気事業連合会オフィシャルTwitterアカウントにて更新情報をお知らせしております。ぜひ、ご覧いただくとともにフォローをお願いいたします。

ページトップへ