海外電力関連 トピックス情報

米国、エクセロン社が原子力発電効果などで温室効果ガス削減目標を7年前倒しで達成

2014年5月13日

エクセロン社(本社・イリノイ州)は2014年4月23日、2013年の温室効果ガス排出削減量が1800万トンとなり、2020年までに年間1750万トン削減という目標を7年前倒しで達成したと発表した。同社によると、化石燃料発電所の廃止および高効率化、原子力発電所の増出力、需要家のエネルギー高効率化プログラムの促進、分散型太陽光発電、風力発電の導入等により、温室効果ガス排出抑制に努めてきたが、特に原子力発電の維持が目標達成の重要な要素であったとしており、エネルギー戦略、環境対策における原子力発電の重要性を強調している。

公式Twitterアカウントのご案内

海外電力関連 トピックス情報は、以下の電気事業連合会オフィシャルTwitterアカウントにて更新情報をお知らせしております。ぜひ、ご覧いただくとともにフォローをお願いいたします。

ページトップへ