海外電力関連 トピックス情報

ドイツ:ドイツ連邦議会が再生可能エネルギー法改正案を可決

2014年7月8日

ドイツ連邦議会(下院)は2014年6月27日、再エネ法(EEG)改正案を賛成多数で可決した。2014年7月11日に予定される連邦参議院(上院)での審議で同意を得られれば、2014年8月1日からEEG改正案が施行される。同案では、陸上風力とバイオマスの年間導入量を設定、500kW以上の再エネ設備には発電した電力を市場で売却することを義務付けること(ダイレクトマーケティング)などが規定されている。連邦参議院は改正案に同意すると見られているが、欧州委員会が今回のEEG改正案に盛り込まれていない輸入電力に対する再エネ賦課金免除を求めているため、予定通りにEEG改正案が施行されるかは不透明な状況にある。

公式Twitterアカウントのご案内

海外電力関連 トピックス情報は、以下の電気事業連合会オフィシャルTwitterアカウントにて更新情報をお知らせしております。ぜひ、ご覧いただくとともにフォローをお願いいたします。

ページトップへ