海外電力関連 トピックス情報

ポーランド:ポーランド政府が2020年に原子力の導入を目指す

2014年9月8日

2014年8月21日付の報道によると、ポーランド政府が提出した2つの主要エネルギーシナリオでは、石炭火力への依存を低減するため、2020年に原子力を導入し、再生可能エネルギーと並んで「2025年以降のエネルギー分野の重要な電源」として発展させるとしている。1つのシナリオでは、原子力は2035年に年間50TWhを発電すると予測。これは、出力300万kWの原子力発電所を2カ所建設するという政府の意欲的な計画に基づく数値である。

公式Twitterアカウントのご案内

海外電力関連 トピックス情報は、以下の電気事業連合会オフィシャルTwitterアカウントにて更新情報をお知らせしております。ぜひ、ご覧いただくとともにフォローをお願いいたします。

ページトップへ