海外電力関連 トピックス情報

ドイツ:太陽光発電導入量増加が急ブレーキ、8月は最低レベルを記録

2014年10月10日

2014年10月1日付記事の連邦系統規制庁の最新データによると、2014年8月に設置された太陽光発電設備容量は14万kWにとどまり、月別の太陽光導入量としては、今年2月以降、最低レベルを記録した。これにより、2014年1~8月の太陽光導入量は150万kWとなり、太陽光発電の合計設備容量は3780万kWとなった。なお、2014年上半期の太陽光導入量は、前年同期に比べ44%減となっているため、太陽光発電のロビー団体であるBSWは、ドイツが掲げる太陽光発電の年間導入目標250~350万kWは達成できない可能性があると警告している。

公式Twitterアカウントのご案内

海外電力関連 トピックス情報は、以下の電気事業連合会オフィシャルTwitterアカウントにて更新情報をお知らせしております。ぜひ、ご覧いただくとともにフォローをお願いいたします。

ページトップへ