海外電力関連 トピックス情報

英国:ヒンクリーポイントC原子力発電所への政府支援策を欧州委員会が承認

2014年10月24日

欧州委員会は2014年10月8日、EDFエナジーが計画しているヒンクリーポイントC原子力発電所(欧州加圧水型原子炉=EPR、出力165万kW×2基)について、英国政府の一連の支援策を承認した。支援策には、固定価格買取制と政府による債務保証が含まれる。固定価格買取制は35年間にわたって同発電所で発電される電力を固定価格で買い取るもの。価格は92.5ポンド(約15725円)/MWh(1000kWh)。ただし、他のサイトでも同様の原子力発電所を建設した場合には89.5ポンド。なお、欧州委員会は承認にあたり、債務保証の保証料を投資リスクに見合ったレベルまで引き下げること、60年間にわたって利益還元メカニズム(利益率が一定以上に達した場合には需要家に還元するなど)を適用することを条件として付加した。

公式Twitterアカウントのご案内

海外電力関連 トピックス情報は、以下の電気事業連合会オフィシャルTwitterアカウントにて更新情報をお知らせしております。ぜひ、ご覧いただくとともにフォローをお願いいたします。

ページトップへ