海外電力関連 トピックス情報

中国:全国人民代表大会で原子力発電開発の拡大を提案

2015年3月23日

2015年3月9日付の報道によると、3月5日から北京で開かれた全国人民代表大会(全人代)で、全国政治協商委員会の委員21名が「国家のエネルギー構造調整の目標を達成するために、原子力発電の新たな発展を推進すべき」と題する議題を提出した。

その中では、「小康社会(ゆとりを持った生活を送れる社会)」において、エネルギー需要と省エネルギー・汚染物質削減の両方を満たそうとすれば、原子力発電が最も効果的であるとしている。

また、一次エネルギー総消費量に占める非化石エネルギーの割合を2030年ごろに20%にするという目標を達成するには、原子力発電の設備容量を1.5億kW~2億kW(注:出力100万kWの原子炉で150~200基)にする必要があると試算している。

公式Twitterアカウントのご案内

海外電力関連 トピックス情報は、以下の電気事業連合会オフィシャルTwitterアカウントにて更新情報をお知らせしております。ぜひ、ご覧いただくとともにフォローをお願いいたします。

ページトップへ