海外電力関連 トピックス情報

[米国]原子力発電所の信頼性と安全性が2014年に過去最高を記録

2015年5月1日

2015年4月16日の報道によると、世界原子力発電事業者協会(WANO)と原子力発電運転協会(INPO)の年次報告の中で2014年の米国原子力発電設備に関する指標が2015年の目標値にせまる、もしくは上回るものであったことが分かった。

2014年の原子力発電の稼働率の中間値は91.7%で、15年連続91%越えとなり、これは他のどの電源よりもかなり高い値である。

また、2014年の計画外の自動、または手動による原子力発電所の停止は59回で、過去12年間で一番少なくなっている。

2つの主要な冷却システムと非常用電源供給の有効性を示す「安全系統性能」は96%と2008年に次いで高かった。

この指標は1999年から連続して93%以上となっている。

公式Twitterアカウントのご案内

海外電力関連 トピックス情報は、以下の電気事業連合会オフィシャルTwitterアカウントにて更新情報をお知らせしております。ぜひ、ご覧いただくとともにフォローをお願いいたします。

ページトップへ